家庭教師のあすなろとガンバを比較 | 口コミ・評判を斬る!

家庭教師のあすなろとガンバを比較 | 口コミ・評判を斬る!

小・中学生向け家庭教師センター4社の比較サイトです

自己紹介&サイトの目的

過去、集団塾で10年以上に渡って教鞭をとり、その後はプロ家庭教師として100人以上の生徒を指導してきました。家庭教師という立場上、知人によく訊かれるのは「勉強が苦手な息子(娘)がいるのだけど、安くて良い家庭教師会社ってある?」という質問です。勉強が苦手な子向けで知名度と実績のある家庭教師センターとしては、ガンバ・あすなろ・ゴーイング・デスクスタイルなどの会社が代表的です。
当サイトでは、管理人のこれまでの経験と業界知識をもとに、これらの家庭教師センターを徹底比較します。今後、当サイトの情報が家庭教師選びのお役に立てば幸いです。

 

 

 

 

 

 

1: 家庭教師センターの種類とは?

家庭教師センターには、「中学受験対策」と「学校の補習サポート」のそれぞれを得意とする2つのタイプが存在します。私立の難関中学合格を目指しているお子さんで、進学塾と併用しながら利用するのが「中学受験対策」の家庭教師センターで、勉強が苦手な子や授業内容のサポートを目的に利用するのが「学校の補習サポート」型がの家庭教師センターとなります。

 

2つのタイプの家庭教師センターを、各項目で比較してみると次のような感じとなります。

 

<2種類の家庭教師センター>

比較項目 中学受験対策 学校の補習サポート
料金相場

通常より高め

(1h 5,000〜8,000円)

多少安め

(1h 2,000〜6,000円)

担当教師

プロが主に担当

(専門スキルが要求される)

学生が主に担当

(基礎スキルのみで対応可)

利用目的

塾以外のサポート

(受験対策の一環)

授業の予習・復習

(学校の授業がメイン)

該当する会社

中学受験ドクター
中学受験鉄人会
麻布個人指導会
四谷進学会
など・・

家庭教師のガンバ
家庭教師のあすなろ
家庭教師のデスクスタイル
家庭教師のゴーイング
など・・

2: 家庭教師センターの正しい選び方とは?

家庭教師を依頼するのであれば、良い家庭教師をお子さんに付けてあげたいと思うのは当然です。但し、数ある家庭教師センターの中から優良会社を選ぶには、気を付けるべきポイントがあります。ここでは、そのポイントについて簡単にご紹介しておきたいと思います。

 

 

家庭教師センターを選ぶ際の注意ポイントは、主に次の5つです。

 

<家庭教師センター選びの注意ポイント>

  • 派遣可能エリアに該当しているか?
  • 授業料はリーズナブルか?
  • 教師の指導能力は問題ないか?
  • 報告・サポート体制は問題ないか?
  • 重要事項はHPに公開されているか?

 

派遣可能エリアに該当しているか?

一番初めにチェックしておくべきポイントです。インターネット上で宣伝している
家庭教師センターの多くは、関東エリアに集中している会社がほとんどです。
ですから、家庭教師センターのホームページを閲覧したら、派遣可能エリアを
真っ先に確認してしまいましょう。特に、地方在住のご家庭は、選択できる
家庭教師センターの数も限られてくると思われますので注意が必要です。

 

授業料はリーズナブルか?

家庭教師センターによって授業料は異なります。学校の補習サポートが目的で
家庭教師を利用する場合、料金相場は約2,000円〜4,000円程となっています。
大学生の家庭教師を雇う場合、プロ家庭教師ほど指導力に大きく差があることは
ないので、可能な限りリーズナブルな会社を選ぶと良いでしょう。

 

教師の指導能力は問題ないか?

学校の補習サポートで家庭教師を利用する場合、担当教師は大学生がメインです。
大学生は経験が浅いので、指導技術にそれほど差があるケースは少ないのですが、
キッチリと指導研修を行っている家庭教師センターに在籍している教師は、教え方が
比較的上手です。ですから、可能な限り研修をしっかりと行っている家庭教師センターを
選ぶことを推奨します。(各会社の研修指導の有無については、当サイトでご紹介します)

 

報告・サポート体制は問題ないか?

担当教師は、生徒への指導内容や学習状況を保護者様に報告する義務があります。
また、保護者様は本部スタッフと進路相談や学習相談をすることができるのが普通です。
しかし、これらの「報告をしっかりと行ってくれるか?」「親身に相談に乗ってくれるか?」
という事に関しては、会社によって対応の真摯さに差があるのが実情です。その為、
各会社の報告・サポート体制の点についても、しっかりと調べるべきです。

 

重要事項はHPに公開されているか?

料金明細、その他費用(入会金・管理費・教材費など)、解約条件などの重要事項は
ホームページ上で必ず明記されている必要があります。もし、これら重要事項が記載されて
いない会社を利用すると、入会後・解約時にトラブルに発展する可能性がありますので、
入会は避けるべきと思われます。

3: 家庭教師センター4社を徹底比較!

ここでは冒頭でご紹介した、学校の補習サポートを得意とする家庭教師センター4社(家庭教師のガンバ、あすなろ、ゴーイング、デスクスタイル)を、派遣エリア・料金・評判などの各条件に基づき比較しました。各家庭教師センターの詳細については、それぞれ個別評価ページを作成していますので、そちらをご参照ください。

 

 

 

家庭教師センター4社を比較し下記の表にまとめてみました。

 

比較項目 家庭教師の
ガンバ
家庭教師の
あすなろ
家庭教師の
ゴーイング
家庭教師の
デスクスタイル
派遣エリア

東京・神奈川
千葉・埼玉

東京・神奈川
千葉・埼玉
茨城・栃木

東京・神奈川
千葉・埼玉

西日本全域

入会金

20,000円

20,000円

20,000円

20,000円

管理費(毎月)

9,800円
※教材購入時は無料

9,800円
※教材購入時は無料

9,800円
※教材購入時は無料

なし

授業料
(90分×4回)

12,000円
(90分:3,000円)

12,000円
(90分:3,000円)

12,000円
(90分:3,000円)

10,000円
(90分:2,500円)

教材購入

任意

任意

任意

必須
1教科3,300円〜

交通費

実費

実費

実費

実費

教師の交代

可能(無料)

可能(無料)

可能(無料)

可能(無料)

教師の管理指導

厳しい

通常レベル

通常レベル

通常レベル

口コミ・評判

各社ページ 調査ページ 調査ページ 調査ページ 調査ページ

 

関東エリアを中心に展開している、家庭教師のガンバ・あすなろ・ゴーイングの3社は、
派遣エリア・授業料・諸費用・ホームページの雰囲気など多くの面で似通っているため、
条件だけで比較してしまうと正直どれを選べば良いのか決め手にかけるかもしれません。

 

但し、この3社にも1点大きな違いがあります。それは、家庭教師のガンバは全国最大級の
口コミサイト『エキテン』にて全国の家庭教師の口コミ満足度評価でNo.1を獲得しています。
それだけの評価を得るには相応の理由があるのですが、それは「教師への管理指導」の
厳しさが関係しているのではないかと個人的に考えます。

 

家庭教師のガンバは、教師への管理指導が厳しい!

実は、管理人は大学生時代、2年間ガンバさんで家庭教師としてお世話になっていました。
当時を振り返ると、教師への研修指導が他社よりも群を抜いて長かったことを思い出します。
また、センターへ提出する指導報告書のチェックの厳しさや、授業終了後の状況報告も
詳細に行う必要があり、とにかく「管理されている」という印象が強かったです。

 

この業界では、教師に丸投げしてしまう「放任主義」の会社が多いのですが、ガンバさんは
教師の管理が行き届いていたので、それが口コミ満足度評価の高さに繋がっているのだと
思われます。教師側としては煩わしいかもしれませんが、利用する側のご家庭からしてみると
しっかりとした家庭教師会社という印象を持たれるかと思います。

4: 家庭教師センターの体験授業

どの家庭教師センターでも、入会前には無料体験授業を勧めています。体験授業は、お子さんが授業スタイルや担当教師との相性を確認するだけでなく、保護者様も契約にあたっての詳しい説明を聞くことのできる機会です。ですから、特別な事情が無い限り、資料請求だけでなく実際の模擬授業を受けてみることを推奨します。また、体験授業を受けるにあたり次の点には注意しましょう。

 

 

<無料体験授業の注意点>

  • 入会案内だけでなく体験授業を受ける
  • 毎月のトータルコストについて確認する
  • その場で契約しない

 

入会案内だけでなく体験授業を受ける

無料体験とは名ばかりで、営業トークに終始し授業を一切行わない会社も一部
存在します。そういった会社は避けるが一番ですが、もし候補として考えるのであれば、
必ず担当教師による模擬授業を要望しましょう。特に、家庭教師を初めて依頼する
ご家庭は、どの会社を選ぶかについては慎重になるべきです。

 

毎月のトータルコストについて確認する

入会金や授業料などのコストは、通常ホームページに掲載されています。
入会案内時には、それら掲載料金に基づいたトータルコストを確認しましょう。
初月は、入会金や預り金などの諸費用がかかるケースもある為、2ヵ月目以降の
コストとは異なってくるはずです。また、授業時間を超過した際の追加料金についても
念のため確認しておくとよいでしょう。

 

その場で契約しないこと

入会説明を聞いた直後に、入会を決断してしまうのは可能であれば避けましょう。
キチンとした家庭教師会社であれば、こちらが改めて検討する意思を伝えれば
「じっくりご検討ください!」と言ってくれるはずです。家庭教師センターとの契約は
8日以内に意思表示すればクーリングオフが可能ですが、契約取り消しは何かと
手続きも煩わしいので、その場で決断せずにじっくりと検討しましょう。

5: 管理人が推奨する家庭教師センター

 

関東在住であればガンバがおすすめ!

 

4社の家庭教師センターの各条件を比較した結果、管理人が最もおススメするのは
「家庭教師のガンバ」です。家庭教師のあすなろとゴーイングと比較すると、入会金、
授業料その他諸費用などのコスト面では同一となっておりますが、やはり口コミの評価が
群を抜いています。口コミの評価は、利用者の満足度が高いことの証明ですので、
客観的かつ平等な評価と言えます。

 

ガンバについて、更に詳しく調査しましたのでチェックしてみてください!

 

>> 家庭教師のガンバを更に調査!

 

西日本在住であればデスクスタイルがおすすめ!

 

家庭教師のガンバは、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県のみが派遣可能エリアですので、
東北在住であれば家庭教師のあすなろ、西日本在住であればデスクスタイルがおすすめです。

 

特に、デスクスタイルは授業料が60分1,500円/90分2,500円と他3社よりも500円程
リーズナブルとなっており、登録されている教師も地方国立大生が中心なので安心です。

 

1教科につき3,300円〜4,100円のテキスト代はかかりますが、他社でかかる毎月の
管理費(9,800円)が無料であることを考慮するとトータルではお得です。いずれにせよ、
テキスト教材をご自身で用意するとなると、結局は市販の参考書・問題集を購入する
ことになるので、出費は避けられません。それであれば教科書に準拠したテキストを、
デスクスタイルから購入してしまった方が、手間もなく確実です。

 

デスクスタイルについて、更に詳しく調査しましたのでチェックしてみてください!

 

>> 家庭教師のデスクスタイルを更に調査!

ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師のガンバ 家庭教師のあすなろ 家庭教師のゴーイング 家庭教師のデスクスタイル